365market【サンロクゴマーケット】野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜で絵の具を作ってみよう!



さっそくですが、みなさま

これ、何かわかりますか?

 



野菜からしぼった「野菜絵の具」なんです!!!!!

 

 

自然の植物が持つ色を使って染めること

=「草木染め

先週、増田さんが書かれていた素敵な言葉に感激した私、、、

今回は大好きな料理を封印し、

野菜の色と向き合いましたよ~

 

 

今回のヤサオタノートは…

 

もちろん夏休み自由研究にもピッタリ!

 

 

<小学校低学年~中学生まで>

「野菜絵の具を作ってみよう」です!!!

 

 

色が出やすいもので、どなたでも思い浮かぶのは

イチゴやブルーベリーでしょうか。



 

たしかに、ちょっとつぶしただけでこんなにもキレイ!

ただ、野菜オタクノートとしては当たり前すぎますよね~

 

 

……ということで、

特に野菜にこだわり

1.どの野菜からどんな色が出るのかな?

2.色が鮮やかな野菜は何かな?

3.野菜絵の具って、時間がたつと消えないのかな?

について、とことん調べました!

 

 

色が出なかった野菜もご紹介しますので、

自由研究をするときにムダな取組みは省けます(笑)

……いや、ホント、

予想外に色が出なかった野菜もたくさんあり、、、

 

 

でもでも、、、

意外な野菜から、

意外な色も出ましたよ~

ぜひ最後までお読みください!

 

 

ご用意した野菜はコチラ!



絵の具になりそうな野菜をアレコレと考えた体験は初めて!

さぁ、実験開始です!

 

 

 

 
実験1. 野菜をすりおろしてみよう!

すりおろすだけで、

簡単に絵の具ができそうな野菜はコチラかなぁ、、、



 

人参は皮のまますりおろします



 

ガーゼに包んでしぼります~

 



うん、いい感じ!

 

 

この調子でトマトも、、、

 



……と思ったら、全然赤くない!

そうトマトの中の汁は赤くないですものね~~~

 

 

ということで、すりこぎにチェンジ!

……おっと、ここでまた失敗、、、

 



 

タネと汁がまざると色が薄いのです!

 



みなさんは、タネを取り除いてからすって下さいね!

 

 

 

 
実験2.すりこぎを使ってみよう!

 

皮の部分に色がある野菜は、

皮のみをすり鉢に入れれば汁が出る!

と思った私ですが、、、

 



……そんなに簡単ではナカッタ、、、

 

 

例えば、りんご。

いくらすっても、皮はびくともせず、

身だけがはがれていく感じ、、、

 



 

 

……ということで、

皮はみじんぎりにしてすってから、ガーゼでしぼりましょう!

 



 

 

うん、うん、この調子で、みじんぎり→する→しぼる

をやりますよ~

 

 

しそ、キュウリはOK!

 



 

ところが、キャベツのみじんぎりは、

すっても、すっても、びくともしません!

 

 

仕方なく、ブレンダー登場!

 



 

イイ感じに繊維から水分が出てきました~~~

 



 

オレンジの皮もできるかなぁ、、、

……と思ったら、力いっぱいしぼっても数滴しか出ず、、、

 



 

そして、オレンジと同じくらいに困ったのが、

ナス、、、

何をしても汁が出てきません、、、

 

 

綺麗な紫色を出したい~!!!

増田先輩にヘルプの問合せをしたところ、

「ゆでてみたら!」

とすばらしい情報が!

 

 

 

 
実験3.皮をゆでてみよう!

そう、前回の野菜オタクノートで草木染めをした

あの手法です!

ナスの皮を煮てみます~

 



 

 

しぼってみると~

やっと汁が出てきましたが、、、

 

 

色が、、、薄い、、、、

あまりにガッカリして写真をとり忘れてしまった、、、

どれくらい薄かったかは、

のちほどの、色見本でご紹介させて下さいませ!

 

 

ついでに、スナップエンドウ、オレンジの皮、キュウリの皮も

ゆでてみましたが、ほぼしぼれませんでした、、、

 



 

でも、成功したものもありますよ!!!

そう、タマネギの皮です。

こちらは、煮た立せないようにしながら

30分じっくりとゆでてみました!

 



 

特に紫タマネギの皮がイイ感じに!!!

紫タマネギをすりおろした汁と

皮をゆでてしぼった汁では、こんなにも色が違います!

 



 

皮からの汁を塗ってみると、ピンクになりました~~~!!!

 



 

イチゴと比べても、見劣りしません!

とっても落ち着いたピンク色~~~

うん、これは大発見かも♪♪♪

 

 

 

 
実験4.にかわを混ぜてみよう!

しぼっただけの野菜汁はサラサラなので、

「にかわ」を混ぜてみます。

 



 

「にかわ」は動物の皮から作られているので、

こちらも自然のものですね!

私は、東急ハンズで購入してきましたが、

ネットでも買えます!

「のり」の役目となるものとして、

アラビアゴム(水彩)、リンシードオイル(油絵)、ろう(クレヨン)

などがあるそうです。

 

 

「水」と「にかわ」を、1:1

で10時間つけこみ、湯せんにかけて溶かします。

 



 

それを野菜汁にまぜます。

 



 

この時、すぐにはドロドロにならないため、

ついつい「にかわ」を入れすぎちゃったら、、、、

お餅みたいになっちゃいました(笑)

 



 

ちょっとサラサラかなぁという状態で10分前後放置すると

イイ感じにトロトロしてきますので、

皆さまはお気を付けください!

 

 

ただ、色づきは良いのですが、

画用紙に塗ると、紙がウネウネに、、、

 



油絵キャンバスのような、厚い紙に塗るべきかもしれませんね~

 

 

色付きが悪い野菜絵の具たち!

なんとかならないかなぁ、、、

 

 

悩んだ私のオススメはコレです!

数時間、放置、、、

それだけ?(笑)

でも、水分が蒸発して、ちょうど良くなるんです!!!

 



 

電子レンジ加熱しても良いかもしれませんね。

 

 

さぁ、いよいよ~

 

 

 

 
色見本

こんなにも色々な色が出ましたよ~!!!

 



 

本当に野菜って素晴らしいですね♪♪♪

 

 

おろし金ですりおろすだけで、

簡単に大量に野菜絵の具ができたのは、

パプリカ、ピーマン、ニンジンです!

 



 

キウイ、キュウリ(実)は、作るのは簡単ですが、発色が悪かったですね~

 



 

皮をゆでてしぼったタマネギの皮も、

キレイな色が出ました!

 



 

みじんぎりしたり、ブレンダーしたりと多少苦労はしましたが、

発色がよくキレイな色となったのは、

シソ、キュウリ(皮)、キャベツ、レタスです。

 



 



 

ミニトマト、リンゴ、アメリカンチェリーは

意外に発色が悪かったですね~~~

 



 



 

ここで第2の嬉しい発見が!

「ミョウガ」です!

とっても綺麗な紫色になったのです!!!!!

紫色の期待の星だった「ナス」と比べても、

紙に塗った時の紫色感が強いですよね!

 



 

ブルーベリーと比べても、上品な紫色だと思われませんか?

 



 

このミョウガ、すりおろした直後はすごくキレイな紫色なのに、

あっと言う間に変色、、、

 



 

でも心配しないで下さい!

汁は茶色っぽいうえに、

塗った直後は発色も悪いのですが、、、

 

 

重ね塗りを丁寧にしていって、

かわくと、キレイな紫色になっていくのです!

まるでマジック!!!

ぜひ、試してみて下さい!!!

 

 

 

 




色別に分けてみましょう。

緑色系は、簡単に野菜絵の具が出来ました!

 



キレイなグラデーションとなるので、

微妙な色使いの絵も描けそうです!

 



 

 

 

赤色系は、なんと言ってもパプリカ(赤)!

 



 

アメリカンチェリーは、残った果肉を利用して

変化のある絵が描けるかも、、、

 

 

黄色系のグランプリも、パプリカ(黄)ですね~~~

普通のタマネギの皮は、どんどん茶色になっちゃいました。

 



 

 
絵を描いてみよう!

野菜絵の具がもたらす、

自然を感じる落ち着いた色合いを大切に、

絵手書きにしてみました!

 



 

塗っている時も、野菜の良い香りが、、、

とっても優雅な時間です♪

 

 

 

 
実験5.時間がたつと消えてしまう?

せっかく作品を作ったので、これは気になりますよね~

でも、残念ながら、薄くなってしまいます、、、、泣

上の写真と見比べてみて下さいませ、、、

 



 

でも、でも、発色のよかった野菜たちを

丁寧に、丁寧に重ねぬりしておくと、

5日たっても、こんなにも色が残りました!

 



 

 

 

 
まとめ

●準備する物

おろし金、すりこぎ、すり棒、ガーゼ、おなべ

(のり状にしたい場合は)

にかわ、おなべ、ボール

 



 

●野菜別の色と抽出方法



●色の出なかった野菜

ナス、キウイ(ゴールデン)、オレンジ(皮)、かぶ、スナップエンドウ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

食べることができる野菜だからこそ、

小さなお子様がなめてしまっても大丈夫!

 

 

原色は出ませんでしたが、

その自然の色合いのおかげで、

とっても雰囲気のある絵手書きにも仕上がりました!

 

 

色を混ぜてみると、更に新しい発見があるかも♪♪

抽出の時間、楽しかったな~~~

たくさん抽出できた汁は、もちろん飲みましたよ!!!

絞ったあとの野菜は、ぜひお料理に活用して下さいね!

私はラタトウユを作りました。

 

 

夏休みはぜひ、

ご家族や、お友達みんなで

「野菜絵の具」を作ってみて下さい!!!

 

 

野菜オタクNOTEチームがお届けする

夏休みは野菜実験!!

次回もお楽しみに~~~♪

Return Top