PAGE TOP

NOTE

野菜オタク<NOTE>

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. 実証!アスパラは太いものを選ぶべし。

実証!アスパラは太いものを選ぶべし。

最近、野菜を見ると 「あのウワサは本当なのかな~」 と、ついつい「実験したい病」にかかっている私(笑) より美味しく! より身体のために! を検証することは良いことですよね ♪♪     ………ということで、今回の実験は 「アスパラガスの繊維」です!!         みなさんアスパラガスを買う時に、 太いものと細いもの どちらを買いますか? 細いアスパラガスを買う っていう方も多いのじゃないでしょうか、、、 たしかに、筋とりをしなくても柔らかいですよ~ というビジュアルをしていますよね(笑)         、、、、、しかし、しかし 実は 「基本的に太い方が柔らかい!」 のです!!!!!     その理由が明確! 太いものも、細いものも繊維の数が同じ なんだそうです! なるほど~~~ 当然、細いものは筋ばかりになりますね!!!!!     私は、太いアスパラガスを見かけると もう嬉しくなって、即ご購入!       カタそうな風貌なのに 皮を向かなくても柔らかくて、 しかも食べごたえがあって、 本当に美味しい~~!!!!     皮の厚さも一定なので、 太い方が薄いんだそうです!!!!!     とは言え、こんなにも太さが違うのに、 繊維の数が同じって本当なのかなぁ? ………で、まさかの数える………   いや、いやさすがに無理でした、、、 上の写真、左の3本は細いアスパラガスの繊維 右の3本は太いアスパラガスの繊維、、、、 たしかに右の3本の方が、細い? あえてそういうものを選んだとも言われそう、、、、     〇本 VS  〇本 と発表したかったのですがぁ、、、、 すみません!     でも、でも見て下さいこの断面図!   あきらかに細いアスパラガスは「すじ、すじ」ですよね~!!! 太い方の真ん中には繊維が全くなくて、 本当に美味しそう★★★     ………とは言え、これで終了では野菜オタクの名に恥じる ということで、、、     繊維について掘り下げ実験! 1.太さは何で変わるの? 2.筋とりをしないで食べる方法はあるの? 3.保存方法によって繊維化してしまうことはあるの?     これを読めば、 美味しいアスパラガスを美味しいままに! 食べられるようになりますよ!           ============================================= 1.アスパラガスの太さって何で変わるの?     知り合いの農家さんに聞いたところ 太さは根で決まる! そうなんです。   細いアスパラガスは、 畑でいくら時間をかけても太くはならないとのこと。 収穫せずにいると、 こんな風になっちゃうんだそうです~   ……まるで雑草~~ 根を大きくするためには、 年を重ねなければならない!     しかもアスパラガスって、 苗を植え付けてから1、2年目は収穫できず、 3年目からようやく収穫できるそう、、、 そう、例の細いアスパラガス君を、、、、 そのうえ、最初に定植した場所を専有するため、 とにかく場所が必要な植物で、農家泣かせなんだそうです。     こんなにも広いハウスを何年も専有しているなんて、、、   あの太くて美味しいアスパラガス殿が高いのも 納得ですね~         ============================================= 2.筋とりをしないで食べる方法はあるの?     みなさん、筋とりはどこからしていますか? 両端を持って ぽきっと折れた下の部分はピーラーで皮を向く   これが一般的でしょうか。     太さ8mmのアスパラガスの皮をむいてみたところ、 わずか5mmになっちゃいました~~~ 食べるところが無くなっちゃう、、、 そして、むきづらい!     皮をむかずに食べられたら嬉しいですよね~~~ そこで、皮をむかずに食べられるかを実験!     用意したのは、 同じ太さ(8mm)のアスパラガス     下記5点の調理方法で実験しました。 ①皮付のまま、8分ゆでる ②皮付のまま、3分ゆでる ③皮付のまま、30秒ゆでる ④皮をむいて、30秒ゆでる ⑤電子レンジ600Wで30秒加熱     結果は~~~ 皮をむかずに食べられる方法はありませんでした! 正確に言うと、 食べられないわけではないけれど、 どうしても口に筋がのこります。 8分ゆでても、まだ筋が残るって、、、     ▲結論▲ 細いアスパラガスは必ず筋とりをしましょう!     筋とりが最も楽にできたのは、 電子レンジ加熱でした!!!   加熱後は皮が薄めにむけるので、 食べる部分が多めに残ります。 栄養価損失も最小限ですしね ♪     ところが、、、、 ゆでた細いアスパラガスを冷蔵庫に保管。 翌日に食べたところ、 皮まで柔らかかったです~~~ ただ、長くゆでると栄養価損失が大きいので、 野菜ソムリエ的にはオススメできないかな、、、         ============================================ 3.保存方法によって繊維化してしまうことはあるの?     農家さんによると、 収穫直後からどんどん繊維化がすすむ そうです!     ということで、 太いものでもずっと放置すると硬くなってしまうの~? 実験、、、(もったいない、、、泣)     試したのはこの3種類 A)<状態> コップの水にさし保存袋・立てて  <保存場所> 冷蔵庫 B)<状態> ラップをまいて・横置き  <保存場所> 冷蔵庫 C)<状態> はだかのまま・立てて <保存場所> 室内     同じ太さ(1.4cm)のアスパラガスにて実験開始     【1日目】 A)水にさしたもの ◎切り口もみずみずしく、太さに変化なし!美味しそう。 B)ラップをまいたもの ◎切り口は乾燥してきたかな~ 太さには変化なし! C)はだかのまま ×太さが半分に!こんなにも水分がぬけてしまうなんて、、、     【2日目】 A)水にさしたもの ◎うん♪ まだまだ美味しそう! B)ラップをまいたもの ◎切り口の乾燥は進んだか、、、太さの変化はまだ無し C)はだかのまま ×さらにしなしなに、、、     【3日目】 A)水にさしたもの ◎変わらずに美味しそう! 食べてみても繊維は感じられずに美味しい!! B)ラップをまいたもの ○見た目的には大丈夫そう! ……でも、食べてみると繊維が口に残るように。 C)はだかのまま ×これはもう、、、食べられない姿に、、、         ▲結論▲ 最適な保存方法は、 コップの水にさして、冷蔵庫にて、立てて保存 でした。 私は野菜室にこんな感じで保存しています。     茎を水に浸しておくこと、 立てておくこと、 で、みずみずしさをキープできるのですね!     湿らせた新聞紙に包んでポリ袋に入れ、 冷蔵庫にて立てて保存でもよいですね! 3日以上使わない場合は、 硬めにゆでて冷凍保存もオススメです ♪         =============================================   今回のまとめ! ・基本的に、太いアスパラガスの方が繊維を感じずに食べられる ・細いアスパラガスは筋とりが必要電子レンジ加熱すると、皮むきが楽) ・室内に放置すると、わずかな時間でも繊維化がすすんでしまうコップの水にさして、冷蔵庫にて、立てて保存がベスト)         感想 アスパラガスを繊維の角度から検証すると、 太いアスパラガスに軍配が上がりました! でも、細いアスパラガスの方が 甘くて、香りが高いというご意見も! 筋とりの手間はかかりますが、 お好み・用途にあわせて 旬をむかえるアスパラガスを楽しんでください!         ======================================================================= おまけのQ&A Q.アスパラガスの上手なゆで方 根元の部分を先にお湯につけて、10秒そのまま。 その後は全体を入れて40秒~90秒!   くれぐれもゆで過ぎには注意です!     また、長いままゆでて下さいね! ブツブツと切ってからゆでると 旨味も栄養もぬけてしまいます!     鍋から出したら、自然に冷まします。 水にさらすと栄養分が逃げてしまいますよ~ ちなみ、私はすぐに冷蔵庫に入れて急速冷却しています。   こちらは我が母の知恵。 我流ですが、鮮やかさはかなりキープできます!     お湯にを入れると、鮮やかな緑色になり、 1~2滴の油を入れると艶が出ますよ!         Q.アスパラガスの栄養は? 「アスパラギン酸」が新陳代謝を促し、 疲労回復、美肌効果が期待できると言われています。   穂先に多く含まれるのは「ルチン」 毛細血管を強くし、 高血圧予防・アンチエイジングに 効果があると言われています。         Q.良いアスパラの見分け方は?太いものを選ぶはもちろんのこと、 ②切り口がみずみずしいもの ③穂先がしまっているもの (今にも開きそうな穂先は古くなっているそう) ④「はかま」がキレイな正三角形なもの (糖度の低いアスパラガスの「はかま」は、 えぐれたような二等辺三角形になってくるそう!!)   「はかま」を取り除くと口当たりがよくなると言われますが、 ここにも栄養はたっぷりなので、 私はそのまま食べます(単に面倒くさいだけ?かも、、、)         では、いつものお料理。 今回のように太くて立派なアスパラガスは、 そのまま食べる!!! ですよね~ その甘さ、美味しさを存分に味わうレシピを考えました!     *ふわとろスクランブルエッグ サラダ* 春を感じましょう!       *グレープフルーツドレッシング サラダ* ルチンはビタミンCの吸収を助けてくれます!         *アスパラとアボガドのグリーンサラダ* オリーブオイルとパルミジャーノだけで、 充分に美味しい!!!       *アスパラのバジルいため* 太いアスパラガスならではの食感です!     もうすぐアスパラガスが旬をむかえます!!! 太いアスパラガスは 限られた時期しか味わえない極上の美味しさですので、 ぜひ食べてみて下さい!           「野菜オタクノート」チームでは、 夏休みにお子様と取り組みたいテーマを アレコレと考え中です~~~ ぜひ毎週チェックしてみて下さいませ ♪

フードメッセンジャー:根本 早苗(ねもとさなえ)

野菜ソムリエ

野菜が主役の料理教室を主宰しています。 “野菜の栄養、冷凍テクニック、彩りある盛付けを学びたい” という方のための、少人数サロンです。 また、”つくりおき冷凍し、毎日野菜を摂取してほしい” という思いのもと、企業様、自治体様等にて 「つくりおき冷凍レシピ」セミナーも行っており、 食育の大切さ・食品ロス削減の観点での講演をしております。 企業様のレシピ開発・レストランコンサルタントの活動も始まりました!

料理・セミナー講師・レシピ開発

RANKING

1

ジャガイモを育ててみ…

野菜オタク<NOTE>

2

病院食で学んだバラン…

野菜オタク<NOTE>

3

インスタ映えする“野…

野菜オタク<NOTE>

4

ほうれん草<野菜オタ…

野菜オタク<野菜辞典>

5

人気の野菜染め~第2…

野菜オタク<NOTE>

6

野菜たっぷり!この冬…

野菜健康生活情報

7

まぎらわしい野菜を区…

野菜オタク<NOTE>

8

生ウコンの食べ方&飲…

野菜オタク<NOTE>

その他注目の記事

「スプラウトのたまご」を育ててみた♪…

「スプラウトのたまご」を育ててみた♪…

2016年12月22日

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃも…

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃも…

2017年03月06日

一日の野菜摂取量目標「365g」7日…

一日の野菜摂取量目標「365g」7日…

2017年11月27日

ヤサオタ1周年記念~2017総集編「…

ヤサオタ1周年記念~2017総集編「…

2018年02月06日

春の山菜♪おいしく食べる豆知識&下処…

春の山菜♪おいしく食べる豆知識&下処…

2017年04月03日

生かぼちゃでハロウィン「ジャックオー…

生かぼちゃでハロウィン「ジャックオー…

2018年02月08日