365market【 サンロクゴマーケット 】野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜好きのための健康生活情報サイト

赤いホームパーティー!野菜の色素を使って料理しよう

暑かった夏も終わり、いよいよ秋到来ですね。

といえば、紅葉・赤とんぼ・曼珠沙華…
赤いものがいっぱいですね!

そして、ワイン好きにはたまらない
ボジョレー・ヌーヴォー解禁が近づいてきました♪

ボジョレーヌーボー解禁日は、毎年11月の第3木曜日!

ワインも

野菜にもがたくさん!

クリスマスやお正月など、パーティーシーズンには
赤い野菜が大活躍しますね!

そこで今回のヤサオタノートでは
赤い野菜について調べてみました!


野菜の赤は4分類!

赤い野菜と言っても、
その色素成分によって4つに分けられます。

≪代表的な赤の色素≫
 ・アントシアニン
 ・ベタシアニン
 ・カプサンチン
 ・カロテノイド



1)アントシアニン(アントシアン)


ブルーベリーに代表される紫色の色素

紫キャベツや、見た目が似ているアンディーブ、赤トレビス
赤大根などに含まれます


2)ベタシアニン


アントシアニンと同じポリフェノールの一種。

ピタヤ(レッドドラゴンフルーツ)に含まれている成分も
このベタシアニンです。

代表的なベタシアニンの色はボルシチ。
その赤いスープの色、ボルシチの材料はビーツという野菜。

ビーツ(ビート)は、赤カブと似ているけれど
サトウダイコンの仲間なんですね~
これがビーツ↓

3)カプサンチン

辛味成分のカプサイシンと似ていて
唐辛子にも含まれるカプサンチン。

カプサンチンは赤ピーマン、パプリカにも含まれ
加熱しても成分が変化しません。

4)カロテノイド

トマトのリコピンや、ニンジンのβ-カロテン、
カロテノイドの中でも最も強力なアスタキサンチンは
化粧品でも注目されていますね!

アントシアニン、ベタシアニン、カプサンチン、カロテノイド…

そんな赤い色素が含まれる、赤い野菜には
抗酸化作用があるものが多いです!

アンチエイジングや美容効果を期待する
女性には積極的に摂取したいですよね~♪



それにしても赤い野菜の色素ってこんなにあるんだ!

ということは…!!
赤い野菜で染めたら、
色の濃さや出方も変わるのかも!?


ヤサオタとしては調べなくては!!



実験】赤の色素別に着色度を調べてみよう!

4つの赤色素を、
以下の野菜に代表になってもらいました!

アントシアニンアンディーブと紫キャベツ
ベタシアニンビーツ
カプサンチン 赤パプリカ
カロテノイド トマト

これらを同じ条件でペースト状にして
色素入りの水分を取り出します!

その色素液で、
うずらの卵を着色してみることにしました!!
①アンディーブ
②ビーツ
③赤パプリカ
④トマト

の4種類でスタートしたのですが
アンディーブが茶色!?

そこで
⑤紫キャベツ
も加えました!!


アンディーブ 紫キャベツ の色の違い↓

同じアントシアニンなのに、この違いは?

ビタミンCの含有量の違いなのかな~?
ビタミンCは変色を防ぐ効果があると言うし…


この赤い色素液の中に、ウズラの卵を入れます!

30分経過後…

さてさて、
うずらはどんな色に染まっているか?!

おぉぉ~!!
きれいに染まってる!

あれ?でも一部色付かなかったものも…


≪30分後のうずらの着色結果≫

①アンディーブ →茶色
②ビーツ    →赤紫
③赤パプリカ 
着色せず
④トマト   
着色せず

⑤紫キャベツ  → 青

アンディーブ、ビーツ、紫キャベツが
ほぼ同等の着色力
ということがわかりました!


そして、着色の深度を確認!!
カットしてみました
ビーツが一番早く、
深くまで色が浸透していますね!!

アンディーブと紫キャベツは
ほぼ同じくらいの深度です


ちなみに、この状態で一晩漬けたままにしたら、
ビーツだけ
白身の部分が全て着色されていましたー!!

ビーツの着色力ってすごい!


なので、ビーツをお料理するときは
注意が必要~!


こちらはビーツをカットした後の写真↓
キャー!血みたい!!

衣類についたら大変です!!


 




赤い野菜を使ってパーティーしよう♪

今回は赤い野菜について研究してきましたが
赤い野菜って、とっても華やか♪

そんな赤い野菜を使って
ホームパーティーをしてみましたよー!

色が統一されていると
それだけでおしゃれに見えます!

特に赤は、女子が好きな色♡



赤い野菜のプレート(下写真)
右 トマトのシロップ漬け
左 りんごとビーツのサラダ
奥 トマトのガスパチョ


プチトマト
 湯剥きにしてシロップや
 ビネガーなどにつけておけば
 見た目もかわいい1品に♪

ビーツ
 食べる輸血
 りんご、くるみ、ビネガー
 かわいくて栄養満点のサラダに

トマトのガスパチョ
 飲むサラダ
 トマト、きゅうり、たまねぎ、パプリカ
 などの野菜をミキサーにかけるだけ
 脂溶性のリコピン
 オリーブオイルを加えて吸収UP!


ビーツの断面って、こんな感じ
 今回使ったビーツは超巨大~!
かなり硬いので茹でたりオーブンで
じっくりと焼くのがオススメです




赤い野菜のチカラ
1.強い抗酸化作用を持つ
2.アントシアニン・ベタシアニンは着色力がすごい!



赤の色素の着色力は、
パーティーシーズンに活用できそうですね!!

食紅の代わりにビーツって、いいかも!
お正月にも活躍しそうです

 


色の効果とまとめ

色を統一した、カラーパーティー
食卓をより華やかにオシャレに魅せます!

使用する食材やテーブル小物などの
色を揃えるだけ。

簡単にワンランクアップのコーディネートができますよ♪


今回は、クリスマスカラーでもある
赤い野菜で統一したホームパーティー

新緑の頃には
秋にはオレンジ茶色

野菜の色で季節を表現するのも
楽しいですね~♪


こちらは白と緑のカラー統一
あえて他の色を使わないことで
大人っぽくて、雰囲気UPになります



また、野菜色素の着色力もスゴイ!!

ゆで卵だけではなく、ケーキやおせち料理など
野菜の色素で色鮮やかな料理ができたら楽しいかも♪

みなさんも身近な野菜で試してみてくださいね!


Return Top