365market【 サンロクゴマーケット 】野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜と健康 第1部「一次予防~野菜でバランスの良い健康な体に」

野菜オタクNOTE スペシャル対談

「健康」は、人間にとっての永遠のテーマ。

メイクや着飾ることだけではない “本当の美しさ” も
生き生きとした “精神力” や、底知れぬ “筋力” も、
すべて健康の上に成り立つもの。

今回は「野菜と健康」について
医師の大蔵先生にお話しをうかがってきました!



≪2回に分けて対談をお送りします≫
●第1部「一次予防~野菜でバランスの良い健康な体に」
●第2部「ダイエット~野菜を上手に取り入れた食生活改善方法」



Profile

対談者
循環器専門医、総合内科専門医、産業医
大蔵 美奈子(おおくらみなこ)
循環器専門医として、主に虚血性心疾患の緊急治療に携わる中で、生活習慣病治療における食生活の重要性を実感。特に野菜・果物の摂取が大切と考え、診察室を超えて伝えるため、2016年春に野菜ソムリエプロも取得。365マーケットでは、現役医師のフードメッセンジャーとして、広く多くの方に“伝える”活動を行う。
現在、医療法人社団 森と海 東京 東京蒲田病院 循環器内科勤務(2017年10月~)

 

インタビュアー
株式会社VACAVO
藤田 久美子(ふじたくみこ)
365マーケット運営会社である株式会社VACAVOでは、フードメッセンジャーの取りまとめ、コンテンツ制作や営業等を行う。自らも野菜ソムリエの資格を保有。元小学校教諭の経験も活かして食育にも力を入れ、2016年の野菜ソムリエアワードにて全国約5万2千人の日本一となる(第5回野菜ソムリエアワード ジュニア野菜ソムリエ部門 金賞。当時姓佐々木)
ベジフルデザイン株式会社 代表取締役、農経新聞社 ライター、日本野菜ソムリエ協会 講師。

 


第1部「一次予防~野菜でバランスの良い健康な体に」

医師であり、フードメッセンジャーでもある?!

藤田
大蔵さんはフードメッセンジャーとしてもご活躍!
365マルシェで、お医者さんであることを話すと
お客さまにビックリされますよね!

大蔵
そうですね(笑)
意外と、秘密にしてる時も多いですが

藤田
みなさん「お医者さんがなぜ?」と思われるかと。
どうしてこういった活動をしているんですか??

大蔵
自分が医者として出会うのは、病気になってしまった方たちなんです。
でも病気になる前や、病後の生活というのが、本来とても重要!
それを、医者をやってきて痛感したからなんです。



 

三大疾患の原因は、生活習慣病から

藤田
お医者さんとしての大蔵さんのご専門は?

大蔵
私は、循環器、つまり心臓や血管の内科の専門医です。
特に「急性心筋梗塞症」や「狭心症」といった虚血性心疾患、
循環器疾患の中でも緊急対応が必要な患者さんの治療に関わってきました。

藤田
「心疾患」は日本人の死因ランキング上位の三大疾患のひとつですよね

大蔵
そうですね。
病気になる方っていうのは、心臓だけ悪くなるのではなく
必ずと言っていいほど、高血圧・糖尿病・脂質異常症などが背景にあります。
先天的なもの、遺伝的なものは別ですが。

藤田
つまり心臓の病気も、生活習慣病が原因ってこと?

大蔵
はい。
様々な病気に、生活習慣病が関与します。

藤田
生活習慣病って、病気を治すと消えるんでしょうか?

大蔵
残念ながら、そうではありません。
病気の痛みが消えたとしても、病気の管理をしていかないと
また再発してしまったり、他の病気が増えてしまったり…。
まず、生活習慣病をきちんと管理するというのが課題です!

緊急的な状態の患者さんも、近年はかなりの確率で
いろいろな治療法によって命を助けることができるようになってきてはいます。
でも、命が助かったあと、その方にはその先の「人生」があるんですよね。


藤田
生活習慣病は、薬で治すのは難しいんでしょうか?

大蔵
もちろん、薬を使わなければいけないという方が多いです。
ですが薬を使ったとしても、
やはりその方が食生活食習慣をきちんと見直して変えていく、
運動ができるようであれば運動習慣をつけることが必要です。

生活習慣病の原因となった今までのものを変えて、
生活を改めていくことがとても重要だと、
医者をやってきて痛感しました。


生活習慣を見直すことが一番の薬!「一次予防」を


藤田

病院でも生活の指導をするのでしょうか?

大蔵
「データを見て、じゃあ薬は続けましょうね。
生活の中でできるだけこういうところを気を付けてくださいね」
ってことを言えることは言えます。

藤田
なかなかそれだけじゃ、気を付けるか…
実践するかは分からないですよね

大蔵
そうなんですよ。
例えば1か月に1回しか会わない方がきちんと生活をしているか…
できるかたは中にはいらっしゃるんですけど、
正直ほとんどの方が難しんですよね。

藤田
日々の診療の中で生活習慣を変える指導って、
非常に難しいことですね。

大蔵
糖尿病や、高血圧、心臓病等にならない手前で
生活習慣を変えることは「一次予防」といって
そもそも病気にならないことです

みなさん「お医者さんに行く=薬をもらいに行く」ってイメージが強い
つまり医者が、病気になる前の生活習慣自体を
診察室でなおすっていう試みは、難しいんじゃないかとも思います。

藤田
生活習慣病の薬はあっても、
生活習慣自体は自分で変えないといけないんですよね

大蔵
だんだん年齢を重ねて「病気になりたくない!」と自分自身でも思います。
病気を治療することも大事ですが、
やはり病気にならないことが最も大事。

藤田
生活習慣を見直すことがいちばんの薬かもしれないですね

大蔵
まさしく。
病気になってから気が付くのではなく、
病気になる前から自身の生活と体の状態を見つめてほしいと思います。


肥満に注意!食生活を改善しよう

藤田
生活習慣病の原因となるのって何ですか?

大蔵
そうですね、様々な要因が絡み合っていますが
食生活の乱れや運動不足、喫煙、ストレスなどがあげられます。

藤田
いちばん改めやすい生活って、「食生活」ですよね

大蔵
食事は人間が必ずするものですからね。
運動習慣と食生活改善でどちらが早くできるかというと、
毎日必ずしている「食事」の方が手を付けやすいです。

藤田
では食生活をどのようにしたらいいでしょうか?

大蔵
食生活で考えると、
最終的にはやはり「肥満」には気を付けるべきですね。

「肥満」から付随してくる病気、糖尿病とか高血圧とかがそうですが、
食事が原因となるものです。

「カロリーを摂りすぎていないか?」
「栄養素が偏っていないか?」
を、まずは見つめなおしてみることです。

藤田
かといって無理なダイエットはだめですよね?

大蔵
はい、食べないということではありません。
カロリーを制限する=栄養素を取らないことではない
カロリーはある程度で、栄養素はバランスよくとるのが良いわけです


糖質系のダイエットは、良い?

藤田
いま糖質系のダイエットが流行っていますが、
これは良いものですか?

大蔵
もちろん人によりますが、
多くの日本人が一番摂取している糖質ってごはん、そしてパンです。
糖質は私たちにとって摂取しやすいものです

糖質は必要な栄養素ではあるので、
一日のカロリーを糖質で占めるんじゃなくて適正な量にとどめてしまう、
あるいはダイエットしたいのであれば糖質を制限するという方向であれば、
いいかなと思います。

藤田
糖質を全く摂取しないと、どうなるんでしょうか?

大蔵
もともと、脳細胞が活動していくには、
糖しかエネルギー源として使えないと言われていたんですね。
実はそれが違っていたということが最近分かっては来ているんですけど。

ただ、エネルギーとして一番利用しやすいのが糖質。
脳への供給も早いですし。
なので、人間が生きていく上では、糖質は必要になってきます

藤田
必要な栄養素を、きちんと摂ることは大事なんですね

大蔵
なので、
生活習慣を見直してカロリーは制限しなきゃいけなくても、
きちんと必要な栄養素は摂らなきゃいけないんです。


カロリー制限して栄養素をとる=野菜がポイント!


藤田

カロリーを下げて、栄養素をきちんととる?
それって矛盾していませんか?

大蔵

そうなんですよ。
カロリー制限って実は難しくて。

でもカロリーが低くて、不足しがちな栄養素である
ビタミンやミネラル、食物繊維も多い食物って何かというと??

藤田
野菜ですね!!

大蔵
そう、野菜なんです。
また、野菜にはいろんな色素であるファイトケミカルが含まれています。

藤田
フィトケミカルって、トマトのリコピンとか
ナスのナスニンとかアントシアニンとかですね

大蔵
そんなファイトケミカルからの効果もプラスアルファとしてあります。
そういう意味でも、食生活改善を考えたときに
逆に野菜を利用しないでカロリーコントロールをするというのは
おそらくかなり厳しいかなと思います。

藤田
野菜で思い浮かべる栄養素と言えばビタミンですが、
他の食物では摂れませんか?

大蔵
みなさんが食べやすいのは、お肉やご飯。

もちろんこの中にもビタミン類は含まれますが、
ビタミンを摂りたいがために食べすぎると、
脂質や炭水化物まで摂りすぎてカロリーオーバーなんてことも。
野菜にしか含まれないビタミンもありますしね。

野菜不足は体の健康にも、精神にも影響を与える!

藤田
野菜などビタミンをしっかりとらずに生活をすると、
人間はどうなるんでしょうか?

大蔵
お肉やご飯とかだけで生活してしまうと、
代謝が回らなくなり、体の反応が鈍ってきてします。

藤田
ビタミンってやっぱり大事なんですね!

大蔵
ビタミンというのは、いろんな栄養素反応の“補酵素”です。
反応を橋渡しするために必ず必要なものなので、
ビタミンが不足するとその反応が回ってこなくなっちゃうんです。
そうすると代謝が下がってきてしまいます

藤田
ビタミンが不足すると体に影響が出てしまうんですね

大蔵
はい、ビタミンが足りずに体の代謝が回らないということは
つまりいろんな機能が回らないということ。
それは単に体だけではなく、精神の機能にも影響してしまいます。

藤田
野菜不足が、精神にまで影響があるなんて!

大蔵
ストレスに強くなるためには、
自律神経を整えることと不眠にならないことも影響します。
そのためには、野菜に含まれるビタミンやミネラルの摂取、
腸内フローラを整えるための野菜の食物繊維は重要です。

藤田
心にも体にも良い野菜って、私たちの最強の見方ですね

大蔵
身も心も健康に、そして美しくいられるために出来ること
「肉や米だけではなく、野菜も食べる」
これを実践しない手はありません


ダイエットへの近道は「代謝を上げること」


藤田
ダイエットしたい人は、どうしたらいいですか?

大蔵
それは、バランスのいい食事と適度な運動です。
まずは不足しがちな野菜も、しっかり食べること。
野菜のファイトケミカルも働き、
代謝を底上げしてサビが出にくい体にもっていきます

藤田
代謝を上げることがダイエットへの近道なんですね

大蔵
はい、カラダの代謝ってすごく大事なんです。

藤田
そういえば、代謝がいい人って結構スリムな人が多いですよね

大蔵
そうです。それってそういうこと。
代謝がいい=体のバランスがいい。

 

健康は野菜から

藤田
ビタミンをたくさん含んだ野菜を食べることで
代謝をアップさせていくんですね

大蔵
カロリーを下げて、栄養素をきちんととるにはやっぱり野菜。
代謝が上がっている状態だと、体内の血管もきれいなまま
必要なものが無駄なく補給されている状態になります。

藤田
代謝を上げるとお肌もきれいになりますもんね

大蔵
代謝が上がると細胞一個一個がしっかりするんですね。
細胞が元気になる。
結果、病気にも強い体になります。

藤田
生活習慣病への一次予防にもなっていきますね

大蔵
そうなんですよね。
結局、食生活をしっかりと適正に行うことが
イコール、美であり健康であるということなんですね。

藤田
ぜんぶつながっているんですね!

大蔵
分ける必要がないですね。
健康はほとんど食事につながってる。

だから、バランスの良い食生活を送ること
つまり野菜をしっかり食べることは
健康への一番の近道なんです!!


第2部へ続きます
※近日公開予定



Return Top