365market【 サンロクゴマーケット 】野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜好きのための健康生活情報サイト

夏でもつくれる♪ 親子でカンタン自家製みそを作ってみよう!

みなさ~ん、お味噌はお好きですか?

 

キュウリやニンジンにつけて食べたり、
野菜たっぷりのお味噌汁って、
おいしいですよねー!

 

 

 

そこで!今回のヤサオタノートは、

 

私、魚谷真理子が
親子で作れる
お味噌 についてお話します!

 


夏休みにオススメ!自由研究課題
親子でカンタン♪ 自家製
みそを作ってみよう!
<幼稚園~小学生向け>

 

さっそくですが、問題!!

 

Q、お味噌って何からできているでしょうか???

 

答えは…
これです↓

お豆?

 

そうです!
豆の中でも「大豆」
です。

 

 

ん??
こんな豆がどうやったら、みそになるか?!

 

ほんとですよねー!!
でも実は、お味噌って
おうちでもカンタンに作れるんですよ♪

 

 

 

味噌作りというと、冬のイメージがありますが
だいじょうぶ!
夏でも作れます!!

 

==========
暑くて湿度のある夏は
・カビが生えやすい
・熟成のスピードが早い
==========

 

 

ですが、このことを理解して
それに対応できる味噌つくりをすればいいんです♪

 

夏野菜にあう、夏の味噌!
一緒に作ってみましょう!

 

 

 

ミッション1:材料を集めよう!

 

まずは
味噌つくりに必要な 3つの材料 を集めましょう。

 

 

  • 大豆      200g

 

  • (こうじ)  500g

 

  •         50g

 

 

 

この3つだけで作れるんですよ~

 

 

 


◆この3つの材料って、どんなもの??

 

大豆

 

大豆と枝豆って、実は同じもの!!

 

夏においしい枝豆って
育ちきっていない(未成熟な)大豆なんです!!※実際にはダイズの中でも枝豆専用品種が枝豆として出荷されます

 

 

 

大豆は、
6月下旬から7月にかけて種をまいて、
11月ごろに収穫します。

 

葉っぱが黄色くなって落ちて、
全体が茶色くなってくると
さやの中ではカラカラと音がします。



さやから豆がはじけてしまわないように
朝か夕方に収穫するんですって。



そのまま静かに乾燥させ、
さやから取り出したのが大豆です!

 

 

大豆は「畑のお肉」と呼ばれるくらい、栄養豊富!

 

味噌のほか、しょうゆ、納豆、とうふも
大豆から作られているんですよ♪

 

 

 

  

糀(こうじ)

 

こうじは、ミソやしょう油、日本酒、お酢などの
「発酵食品」をつくるときに欠かせないもの。

 

お米や大豆などの穀物がベースになっていて
その中で、発酵のはたらきをする微生物が生きています!

 

 

 

「麹」と「糀」は違うの??
こうじには、二つの漢字があります

 

中国から伝わってきた漢字
日本独特の菌を使った、米から作るこうじ

 

「糀」は、「米」+「花」と書きますね!
これは、お米にお花が咲いたように見えるから。

 

蒸米に菌糸がついている様子を、表した漢字なんですヨ~

 

これが糀です ↓

 

 

最近、糀はスーパーにも置いてあります!!

 

うちの近くのスーパーでは
300g入りで300円ほどでした。

 

 

 

 

 

食卓塩ではなく、
ミネラルを含む自然塩がおすすめ!

        

 

ミネラル成分が味噌をおいしくしてくれます

 

 

 

 

ミッション2:味噌づくりに挑戦!

 

それでは、実際にみそを作っていきます

 

手順は簡単!これだけ!!

大豆を戻す → 煮る → つぶす → 混ぜる → 詰める

 

 

 

1.乾燥した大豆を戻す

 

大豆をボウルに入れ、
3倍の水に12時間浸して戻します。

 

 

 

 

2.大豆を煮る

 

沸騰するまでは強火、
その後弱火で
1時間30分~2時間、煮ます。

 

親指と薬指でつまんで
ねっとりつぶれる位の柔らかさになるまで煮るのが
GOOD!

 

 

 

3.「塩切り糀」を作る

 

早く発酵するように「塩切り糀」を作ります

 

糀をフードプロセッサーで、粗く砕きます
こんな感じ↓

粉々にする必要はありません。

 

 

 

糀と塩をこすり合わせるようによく混ぜます
こんな風に
これが、塩切り糀です

 

 

 

 

4.大豆をつぶして混ぜる

 

煮あがった大豆は煮汁を切り、
40℃くらいまで冷めたらつぶします。

 

その煮汁は捨てないように~!

 

ビニール袋に入れて
こんな風につぶしていきます

 

つぶした大豆をボウルに移し、
3で作った「塩切り糀」を混ぜます。

 

均等に混ざるように
50回ほどしっかりと!

 

そして、パラパラしていたら煮汁を入れて、
耳たぶぐらいの硬さに調整します。

入れ過ぎには注意ですよ~!
※私は50㏄ほど入れました。

 

 

 

 

5.袋に詰める

 

保存袋に詰めていきますが
まずはテニスボール大のだんごを作ってから

 

袋に、すきまのないように詰め入れます。

 

こーんな風にキレイに

 

袋の空気を抜いて、
直射日光の当たらない涼しい場所に保管!

 

 

これで味噌の仕込み完了ー!!!!

 

このまま2週間もすると
味噌になって食べられるようになります!!!!

 

夏休みの最初に作ったら、
8月には食べられる♪

 

 

 

 

しっかりつぶして、 
しっかり混ぜて、 
ギュギュッと詰める。

 

 

それだけです!
思ったより、簡単でしょ。

 

 

 

自分で作った味噌を
きゅうりにつけて食べたら最高♡

 

ほかにどんな野菜につけて食べたら美味しいかな?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッション3:「みそ玉」をつくってみよう!

 

自分で作ったお味噌で
「みそ玉」をつくってみましょう!

 

みそ玉って、こんなもの♪

 

 

可愛いでしょ♪

 

味噌玉は、味噌にだしをいれた
手作りのインスタント味噌汁です♪

 

 

 

♡ みそ玉の作り方 ♡

 

・できあがった味噌 大さじ1強
・だし 少々
・お好みの具材

 

混ぜてから丸めても、
ラップにのせて丸めてもOK!

 

 

<具材の例>
花麩、玉麩、あられ麩
切り干し大根、干し椎茸、ごま
おぼろ昆布、乾燥わかめ、地のり

 

ごま油で炒めたネギや
天かすもコクが出ます!

 

お椀にひとつポンと入れて、
お湯を注ぐだけ!

 

つくったみそ玉は冷蔵庫で保管し
早めに食べてくださいね~

 

どんなみそ玉ができるかなー!?

 

 

 

 

 

 


 

ここからはちょっとだけ、本格バージョンの話し。

 

熟成期間1カ月の味噌作り

 

準備するものは同じですが、配合が変わります。

 

・大豆   250g
・糀    500g
・塩     80g

 

1か月ぐらい熟成させるので、
糀は砕かずそのままで作ります。

 

その他の手順は簡単バージョンと同じ

 

 

 

☆なぜ配合(分量)が違うのか?

 

それは、簡単バージョンでは
熟成期間が短いため、糀は多め。

 

発酵する力を強くしています。

 

本格バージョンは、熟成期間が少し長い。
そのため糀を減らしています。

 

 

10日経つとこんな感じ。
左が簡単バージョン、右が本格バージョン。ちょっと写真だと見にくいですが
左の簡単バージョンの方が白いです。

 

 

両方作ってみて食べ比べするのも
楽しいかもしれません。

 

 

 

 

注意点

 

 

●爪を切り、手をしっかり洗う!

 

作業に入る前には流水で
しっかり手を洗ってください!!!

 

爪の間には菌がいるので、
爪を切ってから始めてくださいね。

 

 

●糀は熱で死んじゃうヨ!

 

大豆が熱いうちに、糀を混ぜてはダメ!
糀が死んでしまいます

 

40℃ぐらいに冷めるまで待ちましょう

やけどの危険もありますしね!
温度、気を付けてください

 

 

 

●袋は新しいものを!

 

袋は必ず新しいものを使ってください。

袋についた味噌はふき取ってから
口を閉じます。

 

 

 

●発酵で袋が膨らんだら?

 

発酵が進むと、
袋がこんな風に膨れてくることも。

そうしたら空気を抜いてください。

 

袋が膨れなくても心配ご無用。
中ではちゃんと
静かに発酵が進んでいますよ♪

 

 

●水分が出てきたら?

 

水分は旨味のかたまりです!
みそに混ぜこんでください。

 

●袋の向きを変えよう

 

3~4日に一度は観察!
均等に熟成するように、袋の向きをかえます。

 

●保存は冷蔵庫で1カ月

 

好みの状態になったら冷蔵庫に入れてください

 

かんたんバージョンも本格バージョンも
塩分控えめで日持ちしません。

 

1カ月を目安に早めに食べきってくださいネ!

 

●ふつうの味噌とは配合が違います

 

今回ご紹介したのは夏休みに作れる味噌作りの配合。


普通の味噌を作るときは
半年以上ねかせるので塩分は多めで
低い温度からゆっくり発酵。

 

そのため旨味が強く、
深みのあるまろやかな味になります。

 

 

おさらいと補足

 

 

準備する道具

 

ボウル … 大豆を戻したり、混ぜるため
ザル … 大豆の煮汁を切るため
フードプロセッサー … 糀を砕くため
 … 大豆をつぶしたり、保存するため
すりこぎやヘラでもつぶせます)

 

 

 

 

手順の確認

 

1.乾燥した大豆を戻す
2.大豆を煮る
3.「塩切り糀」を作る
4.大豆をつぶして混ぜる
5.袋に詰める

 

戻す→煮る→つぶす→混ぜる→詰める です!!!

 

 

 


 

 

夏にも作れる、自家製味噌。

 

親子で作っても良し♪
大人の夏休み自由研究にしても良し♪

 


ぜひ!挑戦してみてくださいねー!!

 

 

 

 

ではでは!
次回のヤサオタノートもお楽しみに!

 

寄稿者情報

フードメッセンジャー:魚谷 真理子(ウオタニ マリコ)
Return Top