365market【 サンロクゴマーケット 】食のスペシャリストコミュニティ

食のスペシャリストのためのコミュニティ

栽培でつなぐ親子のきずな~食コミュニケーション

リビングで、野菜を育てる。

 

ご家庭で野菜を育てたことって、ありますか??

 

 

最近、コンビニなどでも
野菜やハーブ等の栽培キットを見かけるようになり、
家庭でのちょっこっと栽培がトレンドになってきています。

 

親子で挑戦したけれど、失敗…。
汚れや臭いが気になって…。

 

 

 

そんな方でも簡単に挑戦できるのが、
「スプラウト」栽培

 

 

CG_55

 

 

 

スプラウトとは、“発芽した野菜の新芽”のことで、
カイワレ、もやし、豆苗などがこの仲間。

 

最近はブロッコリースプラウトなども流行っていますね。

 

 

 

 

話題のスプラウト栽培キット。

 

 

スプラウトは、水で育てる方法・土で育てる方法があります。
様々なキットも販売されています。

 

その中で、いま人気なのが…「スプラウトのたまご」!!
CG_64

 

野菜ソムリエさん達から好評で、
その中でも特にママさん世代から人気絶大です!

 

 

 

 

 

このキットの特徴は大きく2つ

1  たまご型のかわいい容器に絵が描ける
2  土が良いので、腐りにくく育てやすく、味がいい

 

 

 

この「スプラウトのたまご」は、ただの栽培キットではなく

“家族との最高のコミュニケーションツール”
と、
話題になっているんです

 

CG_31

 

 


 

 

野菜ソムリエ♡MamaStyle。


「スプラウトのたまご」
をライフスタイルに取り入れ、

親子で栽培を楽しんでいる
野菜ソムリエさんをご紹介します。

 

 

 

こちらが、その野菜ソムリエ
加野有美(かのゆみ)さんです。

CG_58 (2)

お子さんと一緒にスプラウト栽培を楽しむ二児の母
スプラウトのたまごのライフスタイルモデルとして選出

 

 

 

こちらは、
「スプラウトのたまご」をつくった有限会社ソルチの
中村一女(なかむらひとめ)社長。

CG_57 (2)

「スプラウトのたまご」の生みの親
まっすぐ純粋で涙もろく、心豊かな女性経営者
キットの土「ナチュラルソルチ」は群馬県からも表彰

 

 

 

 

 

CG_61

 

このおふたりと、
「スプラウトのたまご」のある生活をご案内します。

 

 

 

 


 

 

対談。

 

 

雪が降りそうな寒い日。

 

撮影場所は、埼玉県にあるジョンソンタウンの一画です。

 

CG_03

 

加野さんと中村社長は、3日ぶりの再会。

 

 

 

加野さん「先日はお世話になりました!」
中村社長「お子さんと育ててくださっている姿に、本当に感動して!!」

 

「ソルチパーティー」イベントの時
親子で愛情を込めて育てている様子に
中村社長の瞳からは、涙があふれていました。

 

 

 

 

話しに花が咲くおふたり。

 

CG_02

 

 

 

室内に移動して、おはなしを続けましょう。

 

 

CG_05

 

 

 

お子さんのいるご家庭にピッタリ!

 

 

中村社長の手土産は
もちろん「スプラウトのたまご」。

 

CG_06

 

加野さん「 いくつあっても嬉しいですー!」

 

CG_07

 

テーブルの上には、
スプラウトのたまごたちが並んでいました。

 

CG_08

 

 

 

中村社長「大切に育ててくれてるんですね!」
加野さん「子どもが “スプタマ” と名前までつけてくれました」
中村社長「スプラウトのたまごで“スプタマ”って、可愛いですよね!」

 

 

 

CG_10

 

 

加野さん「子どもたちも、たまごに愛情が芽生えてるみたいで♪ 」

 

そう言って、大切そうに
そのスプタマを見せてくれました。

 

 

加野家では2回目の栽培をしているそうで、
フタをあけると
かわいいブロッコリーの新芽がいっぱい。

 

CG_13

 

 

 

セットの土が良い!

 

 

 

加野さん「何度も繰り返し土が使えるっていいですよね!」
中村社長「“ナチュラルソルチ”って土なんですよ♪」
加野さん「ほんとサラサラしていて扱いやすかったです!

 

スプラウトのたまごにセットされている土は
触っても手につかないんです。

 

特有のにおいもないので、室内でも気がねなく楽しめます。

 

CG_11

 

この土は粒状になっていて
水につけていても粒が溶けません。
だから手につかず、サラサラ。

 

 

 

中村社長「土と熱のみという特許製法で作っているため
カビやバクテリア等の細菌がほぼ居なくて、
雑草の種も混じっていないんです。」

 

加野さん「だからカップで作っても腐らないんですね!」

 

CG_15

 

中村社長「この土は、薬剤や化学物質を使っていないんですよー」
加野さん「子どもを持つ親にとっては、それは本当に安心できます!」
CG_16

 

 

 

「スプラウトのたまご」を商品化した訳

 

 

 

中村社長「土を通じた、親子のコミュニケーションツールにしたかったんです」
加野さん「親子のコミュニケーション?」
中村社長「そうなんです。私が母に親孝行できなかったんで…」
加野さん「ご病気でしたっけ…」

 

CG_22

 

 

中村社長
「その分!誰かのお母さんと誰かのチビちゃんに
一緒にスプラウトを育てながら
“ともに生きる時間”  を喜んでもらいたい。」

 

 

加野さん
「そんな想いがこもっているんですねー!
だからこの良い土と、たまごが生まれたんですね♪」

 

CG_17

 

中村社長「イベントでは思わず涙が出ちゃいました…!(笑)」
加野さん「私ももらい泣きしそうでした!」

 

中村社長「加野さんとお子さんと一緒に育てているのを目の当たりにして、
自分の願いが叶ったような気がしたんです。」

 

CG_09

 

 

食育として

 

 

 

スプラウトは10日ほどで成長します。

 

 

 

加野さん「収穫の時は、子どもたちも私も、
感謝の気持ちいっぱいでハサミを入れました」

 

栽培期間はは短くても、愛おしい気持ちになったと
加野さんは言います。
CG_14

 

たまご型というのも、
なんだかお母さんになった気分にさせてしまうのでしょうか。

 

収穫時には、大人も子どもも
“食へのありがたさ” を気付かさせてくれると。
CG_56

 

 

管理がしやすいから、愛情が芽生える

 

 

 

毎日のお世話は、難しいことはありません。
スプレーでシュシュっとお水をあげるだけ。

 

 

 

加野さん「良い土があって、ちゃんと育てられるからこそ、
こうして愛情が深まるんだと思います。」

 

途中で腐って異臭を放ったり、うまく育たなかったりだと、
そっちにばかり気を取られて、心から栽培を楽しめません。

 

 

良い土で育てるからこそ、簡単に育ち、収穫までたどり着ける。

 

 

 

純粋に家族とのコミュニケーションを楽しみ
スプラウトへの愛情を育むことのできる
そんな栽培キットなんですね。

 

 


 

加野さんちの「スプタマ物語」

 

 

 

加野家では、親子で栽培をすることで
家族の一体感が生まれたそう。

 

CG_63

 

 

これは、実際に加野さんが作った紙芝居を
ムービーにしたものです。

YouTube【すぷたま物語ムービー】


 

 

色鉛筆で描ける、たまご容器

 

スプラウトのたまごの容器は、絵が描けるのが特徴。

 

しかも、マジックではなく、
色鉛筆でも描けるんです!!

 

お子さまと一緒に描くときは、鉛筆だと安心ですね。
特殊な素材でつくられているため、えんぴつでも書けるのだそう。

 

 

 

 

大人も夢中になれる、お絵かき

 

CG_19

 

 

加野さん「中村社長にお礼で、これ、書いてみたんです!」

 

そう言って、「Solti」と描かれたたまごを手渡しました。

 

 

 

中村社長「ステキ!!会社に飾っておきます!」
加野さん「大人でも童心に帰ってお絵かきできますねー♪」

 

CG_21

 

加野さん「一緒にわたしたち二人のたまご、つくりませんか?」
中村社長「いいですねー!やりましょう!」

 

 

 

 


 

 

「スプラウトのたまご」の育て方

 

加野さんと中村社長と一緒に
「スプラウトのたまご」を作っていきましょう。

 

※「スプラウトのたまご」付属の説明書もご参照くださいね

 

 

CG_24

 

 

用意するもの
・「スプラウトのたまご」
・お水(霧吹きスプレー容器があると便利、スプーンなどでもOK)
・色鉛筆(お絵かきしない場合は不要)

 

 

たまごのフタを開けると…

 

CG_29

 

小袋に入った、が出てきます。

 

これを取り出して、
種をまき…と、ちょっとその前に!!

 

 

 

たまご容器にお絵かきが、先です!!

 

種まきをしたあとだと、
下容器に描くのが大変になっちゃいますヨ。

 

CG_30

 

今回は加野さんと中村社長で分担して、絵を描くことに。

 

たまごの上は中村社長の担当。
たまごの下は加野さんの担当。

 

「どんな絵にする??」
まずはデザインを話し合って…

 

CG_32

 

 

お絵かきスタート!

 

兄弟や親子で協力して、ひとつの作品をつくっても、
ひとり1個描いてもいいですね。

 

CG_33

 

たまごに絵を描いている時間は、
普段できないような話も
自然とできてしまうのが不思議。

 

 

 

夫婦の共同作業として
スプラウトのたまご作りをしても、楽しいかもしれません。

 

CG_35

 

 

こうして世界にひとつだけの
自分たちのスプラウトのたまごが生まれます。

 

 

CG_34

 

たまごに絵が描けたら、
いよいよ種まきです。
CG_39

 

まずは 付属の土を、たまご容器に全部入れます

 

土は平らに入れるのがポイント。
そうすることで発芽がきれいになります。

 

CG_40

 

 

土の上に
種をパラパラとまきましょう

 

種は土をかぶせたり、土と混ぜたりしなくて大丈夫。
CG_41

 

この時、できるだけ種が重ならないように。

 

種が重なると腐りやすくなります。
CG_42

 

タネまきができたら、
お水をあげましょう

 

もしあれば、霧吹きスプレーで。
ない場合はスプーンで少しずつ垂らしてあげます。
CG_43

あげるお水の量は、
土全体(底の方まで)が湿るイメージで。

 

全体が湿るまでお水をあげましょう。

 

 

 

これで種まき完了です!

 

たまごのフタは完全に閉めると
中が蒸れちゃいます。

 

少しだけずらして、被せておいてくださいね。

 

 

CG_44

 

種まき後は、暗くて風通しが良く、
寒くない場所に置きます。

 

 

 

毎日、湿り具合をチェックしながら、
2日に1度くらいはお水をあげてください。
種と土が乾かないように気を付けましょう。

 

 

CG_45

 

あまり寒いところだと発芽・成長しません。
あまり暑すぎると乾燥や腐りの原因になり、
ダメになってしまいます。

 

暖かくて、気持ちよく過ごせるくらいの室温
たまごも置いてあげてください。

 

 

 

 

 

早いと当日には、種が割れて芽が見えてきます。

 

 

 

そして2~3日後。芽がたくさん出てきました。
CG_46

 

無数の小さな根が、綿のように伸びていきます。

 

白いカビのように見える場合もありますが、
それは根っこですので、捨てないで!

 

ルーペがあったら、綿のような根を見てみてください。
ミクロの世界をのぞいてみるのも面白いですよ。
CG_47

 

そして、
茎と葉も伸び始めます。
CG_48

 

まだ日にはあてず、
茎がひょろひょろしてくるまで
2~3日我慢。

 

この時はまだ、
芽が黄色で、不健康そう。

 

CG_49

 

茎が4センチくらいに伸びてきたら、
太陽いっぱい浴びせましょう!

 

みるみる葉っぱが緑に成長します。

 

陽にあてる時は、
乾燥に注意してくださいね。

 

 

 

10日ほどで、いよいよ収穫 です。

 

CG_53

 

スプラウトを持ち上げながら
根元からハサミで切ります。
CG_54

 

このままお料理に。
CG_55

 

 

 

一度スプラウトを収穫したら
土を天日干しして再利用 できます。

 

キッチンペーパーの上に土を広げて
窓辺に置いて、天日で乾かします。

 

土の中に残っていた
根や種の殻などが乾燥するので、取り除きます。

 

乾いた土をたまご容器に戻して、再度種をまくと、
またスプラウトを育てられるんです。

 

一度で捨てずに、
何度も使えるのは嬉しいですね。

 

 

 


 

スプラウトのたまごを育ててみて…

 

 

最後に、野菜ソムリエの加野さんに
感想をうかがいました。

 
CG_37

 

加野さん
「このスプラウトを食べたとき、
とってもビックリしました!
味がぜんぜん違うんです!」

 

今まで、水耕栽培のスプラウトの味しか
知らなかったと言います。

 

市販のスプラウトは、水で育てたもの。

 

一方、このスプラウトのたまごのは
群馬県産のミネラル豊富な赤土で育てたスプラウト。

 

味が濃いです。

 

 

CG_38

 

加野さん「味が非常に強く、本物の味を知ることができました!」
中村社長「カイワレやマスタードなんかは特に、味が濃いんですよ」
加野さん「今度はブロッコリー以外も挑戦してみたいです!」
中村社長「ガーデンクレスやヒマワリなんかも面白いですよ♪」

 

CG_62

 

「スプラウトのたまご」
みなさんもぜひ、親子で楽しんでみてください。

 

 

CG_65

 


 

 

「スプラウトのたまご」購入はこちらから
≫ 365マーケットメンバーズ専用ページ

 


 

 

[撮影スタッフ]
IMG_5114

出演:加野有美(野菜ソムリエ)
出演:中村一女社長(有限会社ソルチ)
カメラマン:落合直哉(カペレグラフ)
ディレクター&ライター:藤田久美子(365マーケット)


※この記事はPRのために作成されました

最近の記事

もっと見る

農家さん紹介

スポンサード野菜とは?
マルシェ実施検討中の店舗様へのご案内
Return Top