365market【 サンロクゴマーケット 】食のスペシャリストコミュニティ

食のスペシャリストのためのコミュニティ

バナナが届くまで

こんにちは!フードメッセンジャーで野菜ソムリエの安部加代子です。

急に寒くなりましたね。もうインフルエンザもちらちら聞こえます。

ちなみに体温を上げると免疫力もあがるそうです・・・・手軽な体温の上げ方はやっぱりショウガ。

ショウガの温め効果については、ぜひこちらを参考にしてくださいね。

食べ方を間違えると体は温まりません!!→ こちら♪

 

 

そして、お話しは変わって、前回バナナについてご紹介しました。→ こちら♪

 

 

輸入されているバナナは、休眠する温度である13℃くらいの環境で船で運ばれます。

この時のバナナは、未熟な状態・・・・これは植物防疫法という法律によって熟した状態での輸入が禁止されているからです。

なぜ熟した状態で輸入できないのかというと、ひとつには害虫の存在があります。

国内に存在しない害虫まで輸入し、繁殖してしまうと生態系にも影響がでるからなんです。

そして、港に到着後、検疫を行います。

その後、市場に運ばれて、熟成にむけての準備がはじまります。

未熟なまま休眠していたバナナを起こしてあげるのです。

 

まずは、こちらの 『ムロ』 という部屋に入ります。

こちらの南部市場では30室ほどあるそうです。

%e3%83%a0%e3%83%ad そして、こちらにバナナをいれます。

 

%e3%83%a0%e3%83%ad%ef%bc%92

まずは、加温してバナナを温めます。この一度加温することで熟したときに苦みが残らないそうです。

また、ムロの中は、空気を循環させるために箱同士も隙間あけて、

バナナを梱包している箱も、空気が循環しやすいような構造になっています。

そして、エチレンガスを循環させます。

%e3%82%a8%e3%83%81%e3%83%ac%e3%83%b3

エチレンガスとは、野菜や果物から出る植物ホルモンで、野菜、果物を、成長し、

熟成させる効果があります。

よく、バナナとリンゴを一緒の袋にいれておくと、熟するのが早くなりますよ~って聞いたことありませんか?

リンゴは呼吸が旺盛なので、エチレンガスの放出が多いんです。

そのガスを人工的に与え、バナナを熟成させています。

そのため、ムロの中は、空気が循環しやすいようになっているんです。

 

そして、こちらは、

左側:輸入直後のバナナ、右側:エチレンガスを与えた直後のバナナです。

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e6%af%94%e8%bc%83

ちなみに触ってみると、輸入直後のバナナは、休眠するために低温管理されていたのでとても冷たいです。

見た目はあまりかわりませんが、数日すると、エチレンガスを与えた方は、黄色くなり出荷されます。

2016-10-18-10-21-20

加温して、エチレンガスを与える!

このひと手間が、甘く、おいしいバナナになる秘訣だったんですね!

寒い季節、南国フルーツはちょっと・・・・と思いますが、

バナナは、ホットケーキに混ぜたり、焼いて、アイスクリームをのせるなどもおいしいですよ♪

 

 

★安部加代子  Blog>> http://ameblo.jp/kogayo-vege
アクティブ野菜ソムリエ・ベジフルカッティングスペシャリスト・ヘルスフードカウンセラー
日本野菜ソムリエ認定料理教室 『Kayo’s Vegetable Laboratory』主宰
日本野菜ソムリエ協会公式HP>> http://www.vege-fru.com/

 

 

 

最近の記事

もっと見る

農家さん紹介

スポンサード野菜とは?
マルシェ実施検討中の店舗様へのご案内
Return Top