365market【 サンロクゴマーケット 】野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜好きのための健康生活情報サイト

横浜育ちのバナナ!

こんにちは、フードメッセンジャーで野菜ソムリエの安部加代子です。

先日、横浜南部市場にバナナの見学に行ってきました。2016-10-18-09-50-28バナナは、ほぼ輸入されていますが、店頭にならぶまで実はいろいろな工程があるんですよ!
その工程のご紹介前に、バナナについて。

日本では、そのまま果物として食べられる生食用がほとんどです。
世界的にみると、加熱など調理されることも多く、料理用バナナもあるんですよ。
そして、バナナが生育するのは、南緯30度~赤道~北緯30度の熱帯地域。

この地域は、『バナナベルト』言われています。

そして、何より、バナナ・・・・  じゃないんです!

%e8%8c%8e
木のように見えていますが、 なんです。
この茎は、仮茎といわれ、葉が重なっているため、やわらかいんですよ。
そして、南国育ちのバナナですが、この横浜南部市場でも育っていました!

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e6%9c%a8%ef%bc%91

今年の春に下の写真くらいの苗を植えたそうです。%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e6%9c%a8%ef%bc%92

味は??の観賞用ですが、半年ほどで立派に大きくなり、実もしっかり育っています。
ここ数年の温暖化の影響で、横浜でもバナナは育つようになったそうです。
次回は、港に到着したバナナがどのように出荷されるか・・・・ご紹介したいと思います★

 

★安部加代子  Blog>> http://ameblo.jp/kogayo-vege
アクティブ野菜ソムリエ・ベジフルカッティングスペシャリスト・ヘルスフードカウンセラー
日本野菜ソムリエ認定料理教室 『Kayo’s Vegetable Laboratory』主宰
日本野菜ソムリエ協会公式HP>> http://www.vege-fru.com/

 

 

 
Return Top