365market【 サンロクゴマーケット 】野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜好きのための健康生活情報サイト

カーボロネロ(黒キャベツ) <野菜オタク> 野菜辞典 vol.20

カーボロネロ(黒キャベツ)%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%83%ad

【 植物学上の分類 】
アブラナ科

 

【 旬 】


 

【 用途 】
スープ、煮込み料理

 

【 保存 】
新聞紙やポリ袋に包んで冷蔵庫の野菜室で保存

 

【 栄養・機能 】
ビタミンU(キャベジン)や、ビタミンCなどの抗酸化力の高い栄養素を多く含む

banner12

 




野菜ソムリエの生活豆知識

 

カーボロネロは、
黒キャベツ」とも言われるイタリア野菜

 

イタリア、トスカーナ地方が原産の
キャベツケールと同じ、
アブラナ科の仲間です。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%83%ad2

 

 

 

カーボロネロの特徴

 

キャベツのように結球(丸く球状)にならず、
“黒キャベツ”と言われる通り、
落ち着いた黒緑色が特徴。

 

葉は長細く、縮れています。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%83%ad%ef%bc%93

 

カーボロネロ似ていて、
それより葉をちょっと広くしたような「ゴズィラーナ」などもあり、
イタリア野菜の「サボイキャベツ(縮緬キャベツ)」は、
カーボロネロが結球したような品種です。

 

下の写真は黒い方がカーボロネロ、
黄緑がサボイキャベツ。%e3%82%b5%e3%83%9c%e3%82%a4%e3%81%a8%e9%bb%92%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%99%e3%83%84

 

 

煮込むと旨みアップ

 

カーボロネロは生で食べるより、加熱向きです。
原産のトスカーナ地方では、
スープ煮込み料理に多く使われています。

 

近年日本でも栽培が増えている野菜のひとつです。

 

葉がしっかりしているので、
煮崩れしたり、溶けたりしません

 

また、加熱すると旨みが増し、甘みも出ます。

 

葉にしっかり味をしみこませた、
冬のスープにぴったりです。

 

 

 

新鮮なものを選ぼう!

 

カーボロネロは、
葉の色が濃くて、細かく縮れているもの、
肉厚なものを選びましょう。

 

新鮮なものは水をはじくくらい、ハリがあります。

 

栄養素たっぷりの
新鮮なカーボロネロを楽しみましょう。
%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%83%ad%e8%91%89%e8%a3%8f




野菜ソムリエの産地レポート

~カーボロネロ編~

準備中




野菜オタクは、野菜の旬や食べ方、保存方法、栄養素、品種などをナビする図鑑・辞書(辞典)です

banner12




©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ)
当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。
Return Top