365market【 サンロクゴマーケット 】野菜好きのための健康生活情報サイト

野菜好きのための健康生活情報サイト

レタス <野菜オタク> 野菜辞典 vol.8

レタス%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9%e9%a1%9e

【 植物学上の分類 】
キク科

 

【 旬 】
春、秋

 

【 用途 】
シャキッとサラダに、炒め物やスープにも

 

【 保存 】
傷から褐色がはじまるので葉をできるだけ傷つけないように
新聞紙で包み、ラップで覆うかポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室へ

 

【 栄養・機能 】
全体の約95%が水分でできていて、ビタミンミネラル類を含む

banner12

 

 




野菜ソムリエの生活豆知識

 

レタスは大きく2つに大分できます。

 

・結球レタス(玉状になる)
・非結球レタス(玉にならない)

 

玉レタスや、
サニーレタスグリーンリーフレタスなどが一般的ですが、
シーザーサラダに使われるロメインレタスや、
焼肉を巻いたりするサンチュなども人気のレタス類です。

%e3%82%b5%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9

 

 

 

美味しいレタスの選び方

 

レタスは手に持った時に、
見た目よりも軽いものがオススメ!

 

軽いと、葉がふんわり巻いていて
美味しいレタスです。

 

固くて重いものは、
育ちすぎて苦みが強い場合もあります。
また、裏返して切り口を見てみましょう。

%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9%ef%bc%92

茎の切り口が大きくなりすぎないものを選びましょう。

 

切り口がみずみずしくて、
劣化していないものを選んでくださいね!

 

 

 

もっとおいしく食べるために!

 

新鮮レタスをもっと美味しくするその極意は2つ!!!

 

1、手でちぎる
2、お湯(冷水)に放つ

 

 

1、手でちぎる

 

レタスって包丁で切るより、
手でちぎったほうが美味しいんです


 

包丁で切ると、シャキシャキのもとである
繊維を押しつぶしてしまうことになります。

 

また繊維を断ち切ってしまうので、
切り口からの劣化も進んでしまいます。

 

手でちぎるときは、
レタスの葉脈つまり繊維に沿ってちぎるのがポイント

 

そうしてしっかり繊維を残すことで、
口に入れた時の歯触りがアップします。%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9%ef%bc%94

 

 

 

2、お湯(冷水)に放つ

 

50度洗いとも言われていますが、
ちょっと熱めのお湯にレタスをくぐらせる方法です。

 

と言っても、熱すぎるお湯でもレタスが茹ってしまいますし、
長時間はビタミンも流失してしまうので、
やり方にはご注意を。

 

①まずは先に、レタスを食べやすい大きさにちぎっておきます


②沸騰したお湯と冷たい水を1:1で混ぜて、たっぷりのお湯を作ります
(これでだいたい50度くらいのお湯が準備できます)


③作ったお湯にレタスを10秒ほど放ちます


④レタスを取り上げて冷たい水でしめます


 

こうすることでシャキシャキ感もアップ
甘味も強くなると言われています。

 

でも、いちいちお湯を準備するのも大変ですよね。

 

ちぎったレタスをただ冷水に入れておくだけでも、
シャキッとします。%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9%ef%bc%96

 

 

 

レタスの白い汁?!

 

下の写真のように、切り口から
白い汁が出ているのを見たことはありませんか?

%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b93

この白い汁の正体、
それはレタスに含まれる“苦み成分”です。

 

収穫したての証拠でもあり、
産直野菜でたまに見かけます。

 

体に害はありませんが、
苦いので洗い流して食べてください。

 

 

 

「ちしゃ」とはレタスのこと

 

レタスの和名は「ちしゃ」。

 

「ちしゃ」とは、
乳を出す草”の意味の「乳草(ちぐさ)」から
ちしゃ」になったと言われています。

 

切り口から出る苦み成分の白い汁が
名前の語源になっているなんて、
野菜っておもしろいですね!

 

 

 

レタスは数種類まぜてサラダにする!

 

毎日のように食卓にのぼるサラダ。
どうせなら美味しくいただきたいもの。

 

そんな時はベースとなるレタスをちょっと工夫して、
数種類のレタスを混ぜ合わせてみましょう。

 

それぞれのレタスの特徴を考えてブレンドします。

%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9-2

例えば玉レタスは、シャキシャキ感がいちばん。
でも、ちぎるとなんだか平べったくてボリュームが出ません。

 

グリーンカールやフリルレタスなどは、
葉先のカールがふんわり感を出してくれます。

 

サニーレタスもボリュームアップ、そして色合いも良い。

 

数種類のレタスを混ぜて使うだけで、
見た目にも華やかで、それぞれのレタスの良いとこ取りの
美味しいサラダができちゃいます!

 

他にも水菜や小松菜、ルッコラ、トレビスなど
様々な野菜をブレンドして、
毎日のサラダを楽しみましょう!

%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b95

 

 




品種

 

玉レタス

【 特徴
結球レタス レタスの定番
シャキシャキと歯触りが良いのが特徴

%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9%ef%bc%91

 

 

サニーレタス

【 特徴 】
葉先が赤い非結球のリーフレタス。「サニーレタス」もともとは商品名です。
葉が柔らかく食べやすく、サラダにするとボリュームも出る

%e3%82%b5%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b92

 

 

グリーンリーフレタス(グリーンカール)

【 特徴 】
葉先がカールしている非結球のリーフレタス
葉が柔らかく、具材を巻いたりもしやすい

DSCN3086

 

 

ロメインレタス

【 特徴 】
丸みを帯びた葉の、非結球のリーフレタス
シーザーサラダによく使われる

%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9

 

 

サンチュ

【 特徴 】
掻きチシャと言って、一枚づつ葉を掻きながら収穫するレタスの一種
焼肉などを巻いたりする

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a5

 

フリルレタス・グリーン

【 特徴 】
葉先がフリル状になっている非結球のレタス
写真はハンサムグリーン

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3

 

フリルレタス・レッド

【 特徴 】
葉先がフリル状になっている非結球のレタスで、赤色のもの
写真はハンサムレッド

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%ef%bc%92

 




野菜ソムリエの産地レポート
~レタス編~

準備中

 

 




野菜オタクは、野菜の旬や食べ方、保存方法、栄養素、品種などをナビする図鑑・辞書(辞典)です

banner12




©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ)
当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。
Return Top