365market【 サンロクゴマーケット 】食のスペシャリストコミュニティ

食のスペシャリストのためのコミュニティ

枝豆は、枝付きがおすすめ!

こんにちは。フードメッセンジャーで野菜ソムリエの安部加代子です。

そろそろ夏本番か。梅雨っぽくないお天気の日もありますね。

先日畑にいってきました~横浜市内ですが、こんな風景もあるんですよ♪

畑

枝豆畑。ほかにもいろいろなお野菜がありました♪こちらはズッキーニ。

ズッキーニ

夏といえば、やっぱり枝豆とビール!めっちゃ定番ですが。

もちろん食べたときの味のマッチングも最高ですが、栄養価てきにも理由があるんです。

枝豆のタンパク質に含まれている成分メチオニン。

体内で作ることが出来ず、食物から摂取する必要がある必須アミノ酸の1つです。

これが、ビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促す作用もあるそうです。

また、しじみに含まれていることで有名なオルニチンも豊富。肝臓機能の回復や疲労回復機能の作用が高いとされています。

 

そんな枝豆ですが、最近お店でも色々な形で販売されていますよね。

たとえば、袋入り、枝付き、根付きなど・・・・

枝豆3

一番おいしいのは、やはり収穫してすぐのもの!

枝豆は、呼吸が旺盛なので、収穫後すぐに茹でたり、冷凍保存がおすすめ。

 

そして、こんなデータもあります。

ポリ袋にいれて密封。20℃で、2日置いたときにの糖分、アミノ酸の変化について。

莢だけ・・・糖分、アミノ酸 ほぼ半減

枝・葉つき・・・糖分2/3以上、アミノ酸ほぼ100%

枝、葉、根つき・・・両方ともほぼ100%

 

大根などは、葉がついていると栄養とられちゃうけど、こちらはなるべくそのまま保存がいいんです!

確かに、枝についていると莢をとるのが大変だけど、これは見逃せません!

そして 貯蔵温度 は 0℃ が最適なんですよ。

お店で枝、葉、根つきがあればぜひ選んでくださいね!

 

でもついたものがなくても、こんなパッケージのものも増えています。

袋

このマークが目印。

P-プラス®は、特殊加工により、酸素の透過量の調整を行うフィルムです。
それぞれの青果物に関する豊富なデータをもとに、野菜や果物に最適な状態にコントロールしています。

最適な状態とはいろいろありますが、呼吸旺盛な枝豆を”冬眠状態”にして、栄養価などを下げないようにしているんです。

野菜そのものを見るのも大切ですが、こういったところも見逃せないポイントです!

 

★安部加代子  Blog>> http://ameblo.jp/kogayo-vege
アクティブ野菜ソムリエ・ベジフルカッティングスペシャリスト・ヘルスフードカウンセラー
日本野菜ソムリエ認定料理教室 『Kayo’s Vegetable Laboratory』主宰
日本野菜ソムリエ協会公式HP>> http://www.vege-fru.com/

 

 

最近の記事

もっと見る
スポンサード野菜とは?
マルシェ実施検討中の店舗様へのご案内
Return Top